第3回水土里の広報委員会

2019年3月8日

Filed under: お知らせ — 水土里ネット秋田 @ 9:51 AM

◆◇今年度最後の広報委員会が開催されました!◇◆

3月5日(火)本会第1会議室にて「第3回水土里の広報委員会」が開催されました。

初めに本会水戸常務理事より「3回目の広報委員会なのでだいぶ中身が分かってきたのではないかと思う。広報とはなかなか難しいところもあるが、このように皆さんが集まり、情報交換をすることでどのようにすれば広報活動を充実させられるかという話し合いができる。今回は水土里ネットだよりVol.3についての意見交換を行い、より良い水土里ネットだよりにして頂きたい。また、ゴミゼロ運動に関しては今年10年目という節目の年であり、10年を1つの区切りとしてやってきたが、実際にやってみて自分たちの中だけでこの活動が終わっているのではないかと思う。水土里ネットだけではできない部分もあり、もう少し他の層へも展開する必要がある。今、美味しい米だけではなく、新しい農産物の品種も出ている中、土地改良区の役割でもある綺麗な水で育てているということを広くPRして行きたい。そして実践することを大切にして長年継続してきた「わくわく探訪」だが、皆さんからの協力のお陰で、今回NN機関の奨励賞を受賞することができた。そして、私は今年の3月で退任するが、今後、皆さんの力でより良い広報を作っていけるよう願っている」と挨拶がありました。

 

今回は、前回の委員会で出された意見を踏まえて編集した「水土里ネットだよりVol.3」の実際の校正原稿を基に、広報委員の方々からそれぞれ意見を出し合って頂きました。

 

広報委員の方からは、「去年より写真が多く、字も少ないため全体的に見やすくなり内容も絞られているが、字の色や背景の色など見にくい箇所もある」と言った意見や、「表紙のタイトルの文字の色を変えたらどうか」、「「わくわく探訪」のページの子どもたちの名前のふりがなをつけたらどうか」など細かな部分まで意見を出して頂きました。

 

また、意見交換の中では、「水土里ネットだよりは何のために作っているのか誰をターゲットにしているか」という質問から始まり、「21世紀想像運動を秋田県だけではなくもっと他県にもアピールした方がいい」など意見が出されました。
これに対し事務局からは、「水土里ネットだよりは全国に配布しており、秋田県ではどのような活動が行われているのか、また多岐に渡って継続しているこの運動をバラエティに富んだ視点から理解してもらえるので様々な活動を紹介していくことも大切なのではないか」と回答がありました。

 

話し合いをして頂いた後、事務局から「支部だより」についての内容や更新方法、「ゴミゼロ運動」、今年度「水土里の広報委員会」活動のまとめに関して報告がなされました。

最後に本会水戸常務理事から「21世紀想像運動の始まりは地球人会議だが、この活動を基に多面的機能活動が展開された。21世紀想像運動という名前でやっているところは少ないが、違う名前で活動しているところは全国的に沢山ある。そこで今回の水土里ネットだよりをできれば秋田県内全ての多面的活動組織に配って頂き、自分たちと同じ活動をしているところがあるということを多くの人に知ってもらいたい。そしてゴミゼロ運動に関しても秋田県全体で盛り上げていってほしい。また、多面的活動組織の方でも私たちと同じように広報活動を行っており、我々の広報活動が参考になるかもしれないので、より多くの人に見てもらいたい」とお話しがありました。

今回は今年度最後の水土里の広報委員会でしたが、今までの集大成として話し合いで出された意見やアイディアを「水土里ネットだよりVol.3」に反映させることができました。事務局だけの意見ではなく、広報委員(各改良区、県、土地連)の皆さんと一体となり作りあげた「水土里ネットだより」は4月号の会報誌と一緒にお送り致しますので是非ともご期待下さい!
そして広報委員の皆様、来年度もより良い広報活動を目指し一致団結して頑張りましょう!


平成30年度「農村災害復旧技術向上のための講習会」

2019年2月12日

Filed under: お知らせ — 水土里ネット秋田 @ 9:56 AM

◆◇「農業災害に関する講習会」が開催されました◇◆

2月5日(火)県庁第2庁舎8階大会議室にて平成30年度「農村災害復旧技術向上のための講習会」が行われました。

この会は、全国土地改良事業団体連合会が編集した資料を基に、国から講師を招いて講習を行うものです。本県は、近年、大規模な自然災害に見舞われることが多くあり、市町村の災害復旧関係者をはじめ、行政担当者、土地改良区担当者、設計コンサルタント担当者など160名余りの方が受講しました。

始めに、秋田県農村災害支援協議会 佐藤 暢芳会長(秋田県農林水産部 次長)より「今回の講習は災害復旧に携わる関係者の技術力向上災害復旧業務に精通した技術者を農業災害復旧技術者として育成する目的がある。午前の部では、事業制度などの基本的な事項を学び、午後からは既に認定を受けている方々に対し更新のための実践的な講習となっている。昨年は全国各地で災害が頻繁に発生しており、本県でも一昨年の豪雨に引き続き、昨年の豪雨でも農地・農業用施設に大きな被害をもたらしている。今後協議会としては様々な問題に真摯に耳を傾けながらより良い組織体制の構築やまだ災害査定が策定されていない市町村への後押しをしていきたい」と開会の挨拶がありました。

第1部は東北農政局農村振興部防災課 重原災害査定官及び白戸災害係長より基本講習(災害復旧事業制度、専門技術者制度 等)について説明がありました。

災害復旧技術向上講習のテキストを基に農村災害復旧専門技術者制度、農地・農業用施設の災害の傾向、農地・農業用施設災害復旧事業の概要、応急工事、被災写真の作成方法、災害復旧工法、被災状況と採択事例等についてなどの説明がありました。

説明後の質疑応答では、市町村担当から災害の制度についての要望や運用上の質問などがあり、活発な質疑応答がなされました。

   

午後から行われた第2部では実践演習(H30災害査定業務遂行関連)が行われました。

始めに、平成30年災害の状況及び災害復旧事業設計・積算の留意点について秋田県農林水産部農村整備課 水利整備・防災班と本会管理情報部 技術・調整班の担当者から説明がありました。

  

次に県内市町村における災害復旧事業対応の事例について、市町村を代表して大館市産業課、五城目町農林振興課、横手市農林部農林整備課の各担当者よりそれぞれ報告がありました。

  

この中では、各市町村の事例の中で災害が発生した際、人手が足りず、特に技術者が少ない中で作業しているため時間外勤務が膨大になるといった声や度重なる自然災害で農家の方が「農業をやめたい」と感じているなど、現場で実際に問題になっている点など紹介して頂きました。
中でも職員の苦労が大きいという問題はどこの市町村も痛感している状況でした。

それぞれの事例や問題点、解決方法を詳しく教えて頂き、今回の平成30年度「農村災害復旧技術向上のための講習会」は終了しました。


農業農村整備事業等に関する説明会(予算キャラバン)

2019年2月5日

Filed under: お知らせ — 水土里ネット秋田 @ 3:46 PM

◇◆予算キャラバンにて予算概要の説明がなされました◆◇

1月29日(火)秋田県庁第二庁舎8階大会議室にて、農林水産省農村振興局整備部農地資源課の日置課長を始め、4名の方々に平成30年度補正予算及び平成31年度当初予算概算決定の概要、新規・拡充等に関する説明を行って頂きました。

開会にあたり、主催者を代表して秋田県農林水産部佐藤暢芳次長より挨拶がありました。

始めに予算について「農業農村整備を推進していく上で不可欠な国の予算について、昨年末に国の概算決定があり、平成30年度補正と平成31年度当初を合わせて6,451億円と、今年度の5,800億円を大幅に上回る額となった。この結果はひとえに闘う土地改良の下、農林水産省は元より本日お見えになっている高貝会長を先頭に市町村、土地改良区の皆々様が各方面へ働きかけをおこなった努力が結びついたものであると感謝申し上げる次第である。」と参加者への感謝とともに述べられました。

また、佐藤次長は昨今の厳しい農業情勢に触れ、「県としては農業の振興無くして秋田県の発展は無いという信念の下、知恵を絞り出しながら様々な各種施策を講じているところである。特に長年の課題である米依存からの脱却を図るべく、園芸メガ団地の整備を始めとする複合型生産構造への転換を強力に進めている。これらの基礎となる水田を大区画汎用化するために、ほ場整備や農業水利施設の整備といった農業農村整備事業が非常に大きな役割を果たしている。引き続き秋田県の重点施策事業として取り組んで参りたい。」と県としての事業への姿勢を示しました。

続いて、農林水産省農村振興局整備部 日置秀彦農地資源課長が「予算総額については、これまで各方面の地域の方々よりご要望を頂いていたが、お陰様で今年度補正と来年度当初の予算で大きな額を確保することが出来た。まさしく本日ご出席の皆様のご支援・ご協力の賜であると改めて感謝申し上げる。」と挨拶をされました。

併せて、予算や国の方向性について触れ「昨年は全国的に災害に見舞われ、秋田県に置いても一昨年に豪雨の被害に遭われたということで、改めて政府の中では如何に国土強靱化へ取り組んでいくかが課題となっている。本日ご説明申し上げる国土強靱化に向けての臨時特別措置の予算(3年間に限る)も付いたことで、予算総額そのものだけでは無く、様々な地域からの要望を踏まえた予算の事業内容及び農家や地方公共団体の負担軽減、事業精度の充実がなされてきたところである。」と挨拶の中で述べられました。

続いて、本会高貝会長の挨拶では、始めに予算について触れ、「今年も土地改良関係の皆様が一堂に会し、予算キャラバンが開催となった。大勢の方々にお集まり頂き、非常に心強く思う。今年の農林水産省の予算総額は31年度当初で2兆4千315億円となっている。この内、昨年は西日本の台風・豪雨災害を始め北海道の地震など多くの自然災害が発生し、被災状況を踏まえての国土強靱化のための臨時・特別の措置により1,207億円の予算が付いた。そして、私ども土地改良関係予算としては31年度当初が4,418億円、臨時・特別の措置として546億円そして30年度補正が1,488億円ということで合計6,451億円の予算となり、政権交代前の約3倍の額となった。これもひとえに本日ご臨席の農林水産省職員の皆様、東北農政局職員の皆様のご指導・ご鞭撻、そして本日お集まりの皆様の悲願を込めた声が永田町霞ヶ関へ届いた結果である。改めて皆様方のご協力に心より感謝申し上げる。」と、予算確保への感謝を述べた。

続いて農業情勢についての課題を踏まえながら、「数多くの課題を抱えながらも、政府からは力強い農業と、活力ある農村社会実現のために、このような膨大な予算を付けて頂いた。このような実情を鑑みて、私たちはこの予算を合理的に運用し、日本の農業そして秋田の農業の発展のために有意義な形で活用することが求められている。その土台となる土地改良を構成している私たちはこれらの担い手として非常に大きな使命感を持っている。今後とも皆様と一緒に汗を流し、明日の農業農村の発展のため、そして私たちの子や孫が喜んで後継出来るような基盤、地盤づくりに邁進して参りたい。」と今後の土地改良事業への意気込みを語りました。

説明会では「平成30年度補正予算及び平成31年度当初予算概算の決定の概要、新規・拡充事業等」、「農業用ため池の防災対策の強化に向けて」、「基盤整備と農地中間管理機構との連携」について質疑応答を交えての説明がなされました。

予算については平成31年度当初予算が昨年度より651億円の増となっており、その中でも今まで減少傾向にあった「農山漁村地域整備交付金(公共)(農業農村整備分)」が4年ぶりに増額となり720億円(前年比112.6%)となっている点について説明がなされました。

また、農業農村整備事業の概要の中では「農業競争力基盤整備」前年度比236.9%「農村地域防災減災」前年度比157.7%と大幅に伸びていることと併せて昨年の自然災害をふまえて政府全体で防災減災、国土強靱化へ努めていることが挙げられておりました。

 

【農林水産省へのリンク】

http://www.maff.go.jp/j/budget/30hosei2.html
→(平成30年度第2次農林水産関係補正予算の概要)

http://www.maff.go.jp/j/budget/31kettei.html
→(平成31年度農林水産予算概算決定の概要)


次ページへ »